無価値を知る-Vol.4

 
涙腺が崩壊して
涙がドンドン溢れてくる・・・
 
自分の中の「何か」を溶かしているかのように
ボロボロと・・・
 
流れる涙をガマンするのはやめようと思い
とことん泣いた。
 
涙を流すことは
「浄化」であることは間違いがないのだから。
 
そうやって、
出てくる涙を抑えることなく泣いていたら・・・
 

ハッ・・・と気づいた。
 
それは、見えた!という感覚に近かった。

 
あの質問の意味がわかった!!!
 
 

あなたがいなくなったら、どんな世界になっていると思いますか?

 

そうか!
「私」が勝手に安心安全じゃない世界を観てただけで、
 
だから「私」という視点がなくなれば、
もともとそこにあった「安心安全の世界」が観えてくる、ってことなんだ!
 
と・・・。
 
 
正直、言うと、
こんな事は、頭では理解していた。
 
なのに、今回、このような「気づき」のような形で
完全に腑に落ちた感覚がしたのは、
 
本当の意味で、理解していなかったんだと・・・。
 
スピリチュアルの探求は、
いろんな人が言っている言葉を
「なるほどね」と理解はできたとしても
 
これを完全に自分に腑に落とすことが必要なんだ。
 
それを、人生の経験の中で
学んでいくことが必要なんだと。
 
そして、この経験は必ず何かに生かすことができると
感じた私は、この経験を生かして、イベントの販売ページを作った。
 
 

あなたがいなくなったら、どんな世界になっていると思いますか?

 

この究極の質問は、
誰もが持っている感情の抑圧を洗い出すほどの強力な質問だ。
 
私は、この質問で
究極の「無価値感」を味わい
1日、頭痛と吐き気とだるさで、起き上がることができなかった。
 
それほどまで強力な「蓋」をあけた質問だ。
 
 
この質問を組み込んだ販売ページを作って、ポテトくんに見てもらいOKをもらったが
補足として、こんな事を教えてくれた。
 

自分がいなくなったら完璧で完全な安全な世界が出来上がるという意味。

自分という存在は、この世界に、不確定で不確実、不完全をもたらす為に人間として生きています。

無力で無意味で無価値とはどういう事なのかを知る、学ぶ事が人間の最大の目的です。

それは完璧で完全で全てを備えた創造主だからこその望みで、だからこその自分という存在が誕生しているという事

だからといってその真実をはい、そうですかと簡単に割りきって受け入れられる訳でもなく、経験という時間を掛けて腑に落としていく事が、人生の素晴らしさでもあるという事です。

面倒くさい生き物っすね、人って。

 
 
「人間は無価値だという事を知る」
「人間は成長できないことを知ることが成長だ」
 
これは、頭ではわかっていた。
 
でも、今回の経験で初めて
腑に落とすことができたのだ。
 
「人間は無価値だという事を知る」
これを完全に腑に落とすことができると、
どうなるのか?
 
それこそ、自由になる。
 
囚われていた思考から、自由になることができる。
 
ある意味、「ひらきなおり」とか「あきらめ」みたいな
そんな感覚でもあるのだが、
 
でも、この世界のしくみがそうなんだから
それを知った上で、自分の行動をしていくとどうなるか。
 
自由だ。
 
何をやってもいい。
 
どうせ、価値なんかない。
どうせ、成長なんかない。
どうせ、全ては決まっていること。
 
ならば、何をやってもいい。
 
やってはいけない事なんて何もない。
 
だって、
「全ては決まっていること」なんだから。

覚醒日記の最新記事8件

>【無料】Kizukiメール講座

【無料】Kizukiメール講座

Kizukiメール講座では、30日間、完全無料で、あなたに「Kizuki」をお届けします。「Kizuki」は「気づくこと」と「築くこと」。これに気づかない人が多く、そのことによってエネルギーが滞り、辛い人生を歩んでいる方が本当にたくさんいらっしゃいます。このメール講座で「Kizuki」に「気づける人」になることで、あなたの人生はドンドン変化していきます。完全無料ですので、お気軽にご登録くださいませ♡