今日降りてきた言葉

もう、そんな事に
気を取られている場合じゃない。

先へ進みなさい

 

今日は、こんな言葉が
端的に、強烈に、降りてきました。

 

私が運営している「そよ風の仲間たち」で

今年は

「サイキック系のアカデミーを提供して
世界1のサイキック集団をつくる!」

ということを決め、
私は、日々、コンテンツ作りに没頭しています。

●そよ風の仲間たちのページはこちら

そよ風の仲間たち

心とからだの癒しの共有スペース…

「誰かに教える」ためのコンテンツ作りは
自分自身も、どんどん覚醒させていき

今のところ、コンテンツを作り始めてから
ほぼ毎日、「気づき」が起きて

そよ風の仲間たちの公式SNSに
「#たえぽんの気づき魔法」を載せています。

たえぽんの気づき魔法

だから、私自身も一瞬一瞬、
変容してきている自覚がすごくあります。

 

私は、今年のはじめ
そよ風の運営を統括として
サポートしてくれている「凄い先生(名前は出せないのでw)」から

それで良いという自らへの感謝、他者は自分にとって何の為に存在させたかの理解、一人先へ行くこと、見捨てるという行為への許し、受け入れ

というテーマをもらいました。

 

今年に入ってから、これを意識しはじめているのですが
ジワジワと私の中に浸透してきています。

 

そよ風の運営をやっていると
お互いボランティアで活動しているので
(利益は全部広告費に回ってしまうためw)
仕事量によって、不満が出てきたりします。

特に、私は自分が発案者ですから
当然、いろんなことを作るのは私なのです。

・ページの作成
・イベントの企画
・募集ページの作成
・マーケティング(SNS発信)
・アカデミーのコンテンツ作成

もちろん、この全てを
私一人でやるわけではなく
手伝ってもらっていますが、

私の自分のミッションとして

「そよ風を拡大して、本当の自分に覚醒する人を増やす」

と思って動いているので、
そよ風の動き全体に
目を向けていく必要があるわけです。

だから、忙しすぎると
この発案に賛同してくれたみんなが
「ボランティアで手伝ってくれている」のにも関わらず
「もっと動いてほしい」と思ってしまったりしています。

でも、この
「もっと動いてほしい」というエネルギーを放つことで、

そよ風の拡大にブレーキがかかっている

ということに気がついたのです。

 

これか、
「見捨てる」という意味は…と気づいたのです。

 

これまでは、メンバーの意見を聞きながら
スピードを合わせながら活動していたのですが

その「凄い先生」はこう言います。

あなたの辞書から「ストップ」という文字は削除で。

と。

「他者」の事に意識を向けることで
そこにエネルギーが取られてしまうので
前に進めないわけです。

100%、自分だけに意識を向けて
自分のやりたい事だけを考えて動いていれば
それは「簡単に実現」できるんだと。

だから、

他者に、イライラのエネルギーとか
むかつくエネルギーとか
向ければ向けるほど、

自分を邪魔しているわけです。

 

これは、私だけじゃなく
すべての人に言えることだと思い
こうやって書いています。

 

本当に自分にやりたいこと
実現したいことがあるのなら
自分に集中しなければ
それは、実現できない。

 

今日、降りてきた言葉の

そんな事に気を取られている場合じゃない

というのを言い換えると

他者にエネルギーを送っている場合じゃない(=自分に集中しなさい。じゃないと前に進めない)

ということなんですよね。

 

これが、完全に腑に落ちて
それを100%実行することが

本当の「引き寄せ」だと思います。

たえぽんの気づき魔法の最新記事8件

>【無料】Kizukiメール講座

【無料】Kizukiメール講座

Kizukiメール講座では、30日間、完全無料で、あなたに「Kizuki」をお届けします。「Kizuki」は「気づくこと」と「築くこと」。これに気づかない人が多く、そのことによってエネルギーが滞り、辛い人生を歩んでいる方が本当にたくさんいらっしゃいます。このメール講座で「Kizuki」に「気づける人」になることで、あなたの人生はドンドン変化していきます。完全無料ですので、お気軽にご登録くださいませ♡